本格料理を提供する「高校生レストラン」

皆さん数年前に放送されていた「高校生レストラン」というドラマをご存知ですか。

このドラマのテーマになっているレストランは三重県立相可高校・食物調理科の高校生たちが運営しています。

本格的な料理

部活動の一環として運営するレストランですが、日々修行に励むだけあって普通の学食の料理とは違い、本格的な料理が楽しめます。

レストランの運営以外にも様々な料理コンクールでの入賞や、伊勢志摩サミットで各国のファーストレディーへの昼食を担当するなど、その活躍は世界が認めるものとなってきています。

料理は和食を中心として、定食からケーキなどのスイーツまで様々な物を取り揃えています。

なぜ「まごの店」なのか

この店の名前の由来は隣の店に関係しています。

この店の隣は農産物直売所である「おばあちゃんの店」なので、店の名前が「まごの店」と命名されました。

お勧めメニュー

筆者が特にお勧めするメニューは「お茶漬け定食」です。

このお茶漬けはただのお茶漬けではありません。

なんと「松坂牛」が入っています。それに加え、上品なカツオのだし汁がとても良い風味を出しており、本格的な料亭に来たかのよう。

Opinion

大学生が運営するお店は聞いたことがありますが、高校生が運営するお店は日本で唯一ここだけです。

ドラマにも取り上げられ、お味も本格的なものになっていますので是非お立ち寄りください。