秋を彩る真っ赤な絨毯

彼岸花という花をご存知ですか。真っ赤な牡丹を頭に乗せた綺麗な花で、日本各地で見られることでも有名です。

七つ森古墳群

大分県竹田市にある国の史跡にも指定されている古墳群です。

毎年9月になると20万を超える彼岸花が赤い絨毯のように咲き乱れます。

同時にお祭りも開催されており、カラオケ大会や野菜の即売が行われており、ちょっとしたイベント感覚を楽しむことができます。

彼岸花の花言葉

彼岸花には様々な花言葉があります。

「情熱」、「諦め」、「再会」、「独立」、「転生」、「悲しい思い出」、などプラスのイメージとマイナスのイメージが同時に備わっています。

また、根っこから花に至るまで全ての部分に毒を持っており、どうしても不吉なイメージを持たれることが多い花でもあります。

しかし、彼岸花の種類には黄色や白いものもあり、黄色い花の方は「元気な心」。白い方は「あなた一人を思う」という意味を示します。

悪いイメージとして思われているのが赤い方で、白や黄色は良い意味合いであると覚えておくと良いでしょう。

Opinion

花言葉こそ良い意味は示しませんが、彼岸花はとても綺麗な花なので、きっと素敵な景色が目の前に咲き乱れていると思います。